LOG IN

【撮影モードの基本】プログラムオートを使いこなせ

by Kazuya Hashizume

一眼レフ、ミラーレス一眼レフどっちにも共通しているもの
それは“撮影モード”
その中でも今回はプログラムオートモードについて説明します

買ったはいいが最初の壁にぶち当たる

ついに一眼レフを買った!!!!でもどのモードで撮ったらいいのか分からない。。。

上の写真のようなダイヤルに書かれた文字や絵。
最初は何のこと?って壁にぶち当たると思いますが割と簡単!
のものは撮りたいシーンに合わせてカメラ側で決めてくれるモード。そして今回説明するピンク応用モード。

P(プログラムオート)がどうしてよくないと言われるのか

よくオートはダメって言われるけど
どうしてダメなの??

せっかく本格的なカメラを手にしたのだからスマホでは撮れないような写真を撮りたいと少なからず思うでしょう。
ですが、自分の思い通りに写真を撮るには
自分で設定を決めなくてはいけないとゆうこと。

露出や見え方を決める大切な要素である
F値(絞り)やシャッタースピードを
カメラが勝手に決めてしまい
自分の意志が反映されない写真になってしまうから
よくないのです。
操作や設定を覚える為にもオススメはできません。

それでもP(プログラムオート)が活躍するときだってある

どんな時に使ったらいいの?

上で話したようにカメラが決めるとゆうことは
気軽に撮れて失敗が少ないとゆうこと。
シャッターチャンスも逃しません。

例えば、記録として撮るとき
旅行や散歩中にスナップ的に記録する。
そんな時は大活躍します。
次にスナップ写真として即座にシャッターを切りたいとき
他の設定を気にせず、構図とシャッターを切る
タイミングだけ気にすれば良いのです。

プログラムオートは
こだわりが無い写真を撮るとき
すぐシャッターを切りたいとき
に、使うのがいいんだね!

そうです。
そしてなぜ悪いのか、なぜ良いのかを
しっかり理解して使い分ける事が
なにより大切なんです。

まとめ

P(プログラムオート)を使うときは
・こだわりのない写真を撮るとき
・即座にシャッターを切りたいとき

前提として失敗の少ない写真が撮れるので
最初は撮る楽しさを感じてもらえたらいいと思います。
設定や技術は楽しさの後から付いてくるものです。

こんな記事も書いてます( ´ ▽ ` )ノ


Kazuya Hashizume
OTHER SNAPS