LOG IN

【撮影モードの基本】動きを表現したいシャッター速度優先オートモード

by Kazuya Hashizume

撮影モードの基本シリーズ!
プログラムオート、絞り優先オート、マニュアル露出。。。
今回はシャッター速度優先オートモードについて
簡単に説明したいと思います

こんな失敗ありませんか??

子供やペットの急な動きブレてしまった。。。
大半の失敗が被写体ブレだと思います。

そもそもシャッター速度優先オートとは!?

シャッター速度優先オートと書いてあるように
シャッター速度を自分で決め
その他の露出パラメータである絞り(F値)はカメラがオートで決める
シャッター速度を任意で決める半自動モードなんです!

Sモード?Tvモード?どっち???

持っているカメラによって
表記が無いものがあるのはなぜ?

機種によって下記のように言い方が変わります。

ニコン、ソニー、オリンパス・・・Sモード ※1キャノン、ペンタックス・・・・・Tvモード ※2

※1  Shutter(シャッター)のS
※2  Time Value(タイムバリュー)の略称。時間の値

あ!こんな時はシャッター速度優先モードだ!

どんなシチュエーションの時に
このモードを使うの?

その答えは2つ!
動いているもの、人をピタッと止めて撮りたい
動いているもの、人をあえてブラして撮りたい

言っていることが矛盾しているように思えますが違います
【思いのままに動きを表現する】とゆうことです
プログラムオートにはない
自己表現ができるようになるモードです

早速シャッター速度を決めてみよう

キャノンの画面になりますが赤文字の場所を見てみましょう
どの機種も“1/◯◯◯”とあるのでここの数字を変えてみましょう
この場合、シャッター速度1/160秒となってます
もし、10秒にしたい場合は10''となるので注意しましょう!

簡単活用方法  撮影対象違いによるシャッター速度

1)動いている人物
動くスピードや焦点距離で最適なシャッター速度は変わってきますが
軽い動きでも1/500秒は必要になります
最初はこの速度から始めて調整していきましょう

2)動いている動物
走り回るペットや素早い動物の撮影では
シャッター速度1/1000秒以上に設定しましょう

3)水の動きの表現

右のように動きを止めるにはシャッター速度を早くします
左のように水を絹のようにするにはシャッター速度を遅くします
これはシャッター速度を使い分けた表現方法の1つです

4)あえてブラすと疾走感にも

シャッター速度を遅くさせて疾走感を表現することもできます

5)夜景撮影で車の軌跡を作る

三脚が必要になりますが、夜にシャッター速度を遅くさせることで
このような表現もできます

設定には必ず失敗しない手順がある!

1)まず、シャッター速度を決める
2)ISO感度を決める(AUTOでもOK)
3)撮影
〜暗くなってしまった場合〜
4)ISO感度もしくはシャッター速度を
遅く設定し直します

この3.4ステップで失敗のない写真を撮ることができます!

まとめ

シャッター速度優先オートモードを使うときは

動いているもの、人をピタッと止めて撮りたい
動いているもの、人をあえてブラして撮りたい
思いのままに動きを表現したいとき!

絶対にブレた写真を撮りたくないとき


Kazuya Hashizume
OTHER SNAPS