LOG IN

【重要!】星空撮影の大敵って知ってますか!?

by Kazuya Hashizume

寒くなってきて星が綺麗に見えるようになってきました。
そこで星の撮影をする際に気をつけなきゃいけない
環境についての重要な考え方になります!

※カメラ設定の話とはまた違います

大敵である“月の存在”って気にしていますか!?

星を撮るのに月って重要なの???

星を撮るからこそ
月の存在は重要です!
重要かつです!!!

月の光は星の光よりも遥かに明るいです!
なので撮れても一等星ぐらいでしょう
そうなると星空ってゆうよりも小さな点がポツポツって感じで
見栄えに欠けると思います

参考写真

【カメラ設定 Mモード】
シャッター速度 30秒
絞り      F4.0
ISO感度     200

このように月がいると
・星を撮っているのか月を撮っているのか分からない
・月の露光にカメラ設定すると明るい星しか見えなくなる

ここから左上側の星を写そうとISO感度を上げると
右側の露光が上がりすぎてしまって
全体的に白飛びしてしまうのが目に見えてますね・・・

月の影響を限りなく少なく

月の影響を無くす方法は?

月の影響を無くすには
・月の出、月の入りのタイミング
新月のタイミング
・月の反対方向の星空を撮る

月の満ち欠けのタイミングはアプリで簡単に確認できます→こちら

カメラの設定は同じで月が隠れたタイミングで撮影しました。
右側のハイライトが無くなりましたね!

ここからISO感度を400.800.1600と調整し
星が綺麗に見えるところ,自分の好きな露出を上げていけば良いと思います。

まとめ

星空撮影の際は月の状態にも気をつけること!
・一番良いタイミングは月が新月のとき


Kazuya Hashizume
OTHER SNAPS