LOG IN

【撮影モードの基本】絞り優先オートモード

by Kazuya Hashizume

撮影モードの基本シリーズ!
プログラムオート、シャッター速度優先オート、マニュアル露出。。。
今回は絞り優先オートモードについて
簡単に説明したいと思います

絞り優先オートモードとは!?

絞り優先オートと書いてあるように
絞り(F値)を自分で決め
その他の露出パラメータであるシャッター速度はカメラがオートで決める
絞り(F値)を任意で決める半自動モードです!

AモードとAvモードの違い

機種によって表記方法が違います。
ニコン、ソニー、オリンパス・・・Aモード ※1
キャノン、ペンタックス・・・・・Avモード ※2

※1  Aperture (絞り)のA
※2  Aperture value略称。絞りの値

そもそも!!!絞りって何???

絞りとかF値とか書いてあって
そもそもよく分かってないし
一緒なの?別なの?

まず絞りとはレンズの中の光の通り道のこと
そして、絞りとF値は一緒で
絞りの割合をF◯◯と数値で表現します。

絞りの特徴

絞りの量(F値)が小さいと光が多く通るので
明るい写真になり、ボケが大きくなります。

絞りの量(F値)が大きいと光が多く通るので
暗い写真になり、ボケが小さくなります。

レンズのどこを見たら分かるの?

レンズによって
1)24-70mm 1:2.8 と記載されている場合は
   24mm時、70mm時でも開放F値2.8が変わらないレンズのこと
2)18-250mm 1:3.5-6.3 と記載されている場合は 
   18mm時、開放F値3.5  250mm時、開放F値6.3と変わるレンズのこと

絞りを変えてボケをコントロールする

絞りを調整する最大の目的としては被写界深度を変更してボケをコントロールすること。

暗い場所ではここに気をつけよう!

暗い場所で絞りを絞るとその分、シャッター速度が遅くなってしまい
結果として手ブレの原因になってしまいます。

その対策としてISO感度をオートに設定しましょう!
そうすることで手ブレしない感度までカメラが自動設定してくれるので
手ブレを防ぐことができます。
もしくは任意でISO感度を設定してもOKです!

まとめ

◇ 絞り(F値)はボケをコントロールするパラメータ
◇ 被写体が浮き出るようなボケを作りたい時は“絞りを開放、F値を小さく
◇ 全体にピントを合わせたい時は“絞りを絞る、F値を大きく


Kazuya Hashizume
OTHER SNAPS